クロスの貼替をお洒落に仕上げる方法|壁紙張替えならクロス張替え王の横浜にあるアトリエネオにお任せください。

横浜クロス張替え王

FAQ

クロスの貼替をお洒落に仕上げる方法は?
横浜で家を建ててから10年以上が経って、少し前から家中のクロスにひび割れや浮きが目立ってきました。
気になって、同じ時期に家を建てた会社の同期に尋ねてみると、クロスには寿命があって、ひび割れなどは起きて当然と言われてしまいました。
どうせクロスを貼替するなら、これまでとは違ったテイストにしたいと妻とも話しているのですが、私たちはあまりセンスがないので、事前にある程度の知識を身に付けておこうと考え質問させていただきます。
現在は家中が真白なクロスなのですが、希望としては他の色も入れたくて、ただし、色を入れると部屋が暗くなることも懸念しています。
クロスの貼替をお洒落に仕上げる方法があれば教えて欲しいです。

answer

アクセントをもたせることがお洒落に仕上げるポイントです
確かに、暗めの色のクロスを部屋全体に貼ってしまうと、昼間でも電気が必要になったりするので注意が必要です。
反対に、明るすぎる色のクロスを貼ると、せっかく家でくつろぎたいのに、精神的な癒しが得られなくなるなど、クロスの色によって人間の脳にはいろいろな影響が与えられます。
かといって、クロスを真っ白のままにすることはなく、冒険はどんどんしてみましょう。
クロスは部屋全体を同じ色にする必要はなく、どこかにアクセントをつけてみるのがおすすめです。
たとえば、壁の一面だけを別の全く違った色にしてみたり、壁の色は白にして、天井に暗めの色を選ぶと、部屋が一気にシックになります。
色だけの変化だけではなく、柄を利用するのも効果的で、最近ではクロスの種類も豊富にあるので、カタログを見せてもらって、これだと思うものを選択しましょう。
組み合わせが分からない場合は、プロに尋ねればよく、実際に施工した見本を見せてもらえばイメージも付きやすくなります。
トイレや洗面所などの狭い場所では、派手なクロスを使いやすいので、是非チャレンジしてみてください。
クロス一つで家の雰囲気はまったく違ってきます。

PageTop

無料見積り依頼フォーム