壁紙の張替えが必要になる原因|壁紙張替えならクロス張替え王の横浜にあるアトリエネオにお任せください。

横浜クロス張替え王

FAQ

壁紙の張替えが必要になる原因とは?
横浜で家を建てたのが今から12年前で、これまで家に関するトラブルが起きたことはまだありません。
そろそろ外壁や屋根の塗装が必要になることは、家を建てた際に施工会社からも言われているし、設備に寿命があることも承知していますが、室内に張られている壁紙に関しては施工会社からも特に何も言われていませんでした。
最近リビングルームの壁紙の一部分に亀裂が入っているのを発見して、それは天井の近くなので気にしなければ分からない程度ですが、良く見ると壁紙のいたるところに線が入っていて、多少の汚れもついているのも気になり出しました。
先日施工会社に問い合わせてそのことについて聞いてみると、一般的に壁紙の寿命は10年程度だと言われてビックリしましたが、リビングルーム以外にも同じような症状が出ている部屋もありますが、それほど気になる状態ではありません。
そもそも壁紙が劣化する原因とは何なのでしょうか?

answer

日当たりと汚れや縮みなどが原因です
確かに壁紙は経年劣化する消耗品であるという認識を持つ人は少なく、そのことはあまり浸透していないのが現実ですが、壁紙の耐用年数は5〜10年とされています。
ただし、普段のお手入れや住いの環境などによって、必ずしもその期間で壁紙を張替えなければいけないわけではなく、壁紙の張替え時期は、自分が気になり出した時と考えればいいでしょう。
壁紙の劣化は、日焼けや手垢などの汚れが主な原因ですが、壁紙の素材にはどうしても時間が経つと縮んでしまう要素があるため、時間が経つと隙間が空いたり、ジョイントが開いてしまい、ご指摘のように壁に線が現れる状態になります。
環境によっては1年ほどで縮んでしまうこともあります。
部屋によって日当たりの程度も違いますし、普段あまり使用していない部屋だと手垢などで汚れも付きにくくなりますので、劣化も遅くなり長持ちすることになります。

PageTop

無料見積り依頼フォーム