クロス貼替をする前に知っておくべきこととは|横浜のクロス貼替ならお任せ下さい。

横浜クロス張替え王

faq

Q

クロス貼替をする前に知っておくべきこととは

質問 これまでクロスに寿命があることを知らなくて、妻から貼替の相談をされたときにはピントこなくて、その必要性について質問してしまったほどクロスに関して何の情報もありませんでした。
妻も私と同じようなもので、単に私よりも家の中を良く見ていて、クロスの汚れや剥がれかけている部分に気づいているだけでした。
ということで何も知らない私たちですが、家全体のクロスを貼替するとなると、まとまったお金が必要なことくらいは分かります。もちろん、自分たちでクロスを貼替すれば費用を大幅に抑えられると思いますが、二人とも不器用で、そのようなことはできません。
初めてクロスの貼替をしようと思っているわけですが、その前に知っておくべきことがあれば教えて欲しいです。

矢印

A

クロスの素材や性能を理解しておきましょう

家を新築するときには施工業者から言われて壁に貼るクロスを選択しますが、そのときには分厚いカタログを渡されてその中から色や模様を選ぶだけで、クロスの素材や性能について気にする方はほとんどいないようです。
一口にクロスと言っても、色や模様以外にもいろいろな種類があって、使用されている素材も違えば性能も大きく変わり、品質が良く性能に優れた商品は一般的なクロスよりも値段も割高になります。
クロスには、防カビ性や防水性や表面の強度が高いなどさまざまな機能性を持つものがあり、そのような商品は耐久性も高くなるので、値段は高くても長い目でみればコストパフォーマンス性に優れ、一概に価格だけで選ぶべきではないことが理解できるようになります。
家全体のクロスを貼替するときには、色や模様選びでワクワクするという方も多く、部屋ごとに似合うクロスが異なります。たとえば子供部屋には落書きができるような商品も販売されていて、シックに仕上げたいリビングや寝室には、真っ白よりも少し暗めの色や模様がマッチします。
同じクロスを選んで施工してもらうとしても、どこに依頼するかで料金も仕上がりも変わってきます。
クロスの貼替は、内装屋などの専門業者以外にも、ハウスメーカーや工務店やリフォーム会社などいろいろな選択肢があります。業者によって利益のとり方も異なりますが、直接施工を行う専門業者以外に依頼すれば、余計な中間マージンが発生することも承知したうえで依頼しなければいけません。
最低限これらのことを理解しておきましょう。

PageTop

無料見積り依頼フォーム