横浜のクロス貼替ならお任せ下さい。

横浜クロス張替え王

横浜のクロス貼替【ポイントとFAQ】

当社は横浜でクロス貼替の工事を提案してきました。部屋のクロスに不満を抱いている人のために、素敵なクロスに貼り替えることが可能です。土日祝日にも現場調査や工事に対応しているため、都合のいい日をお伝え下さい。打ち合わせから現場の管理、施工、さらにはアフターフォローにいたるまで、すべてを自社施工で対応しているのが特徴です。実際に工事の対応をするのは、熟練した技術と経験を持つ専門のクロス職人であり、丁寧な仕事をします。問い合わせがあれば、すぐに現地調査から見積りまでを無料で対応することができます。

クロス貼替 横浜

営業エリアは横浜に絞っていて、地域に密着したサービスを展開しているのが特徴です。幅広いメーカーのクロスを揃えているため、希望を伝えてもらえば、それに適したクロスを提案することができます。取り扱っているクロスの種類は全部で1,000以上あり、すべて質のよいものだけを揃えています。メンテナンスとしてクロスを新しいものにしたい人から、気分転換として新しいクロスを導入したい人まで、さまざまなニーズに対応することが可能です。クロスの修理や修繕といった要望にも対応できます。クロスに関する悩みや希望があれば、いつでもなんでも株式会社アトリエネオ(横浜クロス張替え王)にご相談ください。

01クロスの貼替工事とは

クロスの貼替工事とは、家などの内装に使用されている壁紙であるクロスを貼替えする工事のことです。
最近ではDIYブームが起きていて、業者に依頼しないで自分で部屋のクロスを貼替えしている方も多く、それも立派なクロス貼替工事です。ただし、プロが行う工事と素人が行うものではやり方も仕上がりの良さも異なるため、できるだけキレイに仕上げたいなら、専門業者に任せることをおすすめします。
特に現在壁に貼ってあるクロスに亀裂や膨らみなどの不具合がある場合は、下地に何らかの問題が起きている可能性が高く、専門業者であれば正しい対処法を知っているので、安心して任せることができます。
クロスには豊富な種類があって、選択する商品によっても耐久性や見た目などにもかなりの違いがあります。
クロスは、一般的には石膏ボードの上に専用のノリなどを使用して貼り付けますが、下地が木材やベニヤやコンクリートの場合もあって、下地が違えば施工方法も変わってきます。
下地が凹んでいる場合は穴などにパテを塗る作業が必要となり、それをしないと見た目が悪くなるばかりではなく、すぐにクロスが剥がれてきたり、亀裂が入ったりする原因にもなるため、工事を行うときには十分な注意が必要です。

02初めてクロスの貼替をする場合に注意すべきこと

初めてクロスの貼替をする場合には、注意すべき点がいろいろあります。
クロスの貼替を考えるのは、クロスが傷んでいるからという理由も多いですが、傷んでいる1面のみの貼替は、貼替をしていない他の面の古さを引き立ててしまうのでおすすめはできません。家全体のクロスを貼替する必要はありませんが、行動に移すときには部屋単位で考えましょう。また、壁だけではなく天井も一緒に貼替することを忘れないように注意しましょう。最近ではDIYでクロスの貼替にチェレンジする方も増えているようですが、素人が貼替を行う場合は仕上がりが凸凹になってしまうケースが多いです。専門業者に依頼した場合は、古いクロスを剥がして下地もパテ埋めなどで平らにしてしっかり仕上げますが、素人がその作業を行うことは難しいため、大抵は古いクロスの上から新しいものを貼ります。

初めてクロスの貼替をする場合に注意すべきこと

そうなるとどうしても凹凸になりやすいので、自力でクロスの貼替を行う場合は、はじめから凹凸のある壁紙を選択すればいいと思います。
クロスの貼替の失敗例で多いのは、部屋の面積をきちんと考えないで色選びを行うことなので、カタログだけで商品選びをしないで、部屋全体の面積をしっかりイメージすることが大事になります。

03クロスを貼替するときの商品選びの3つのお悩み

1.ハイグレードクロスがおすすめ
クロスを選ぶときには、色や柄だけを見て商品選びを行う方も多いようですが、クロスにはグレードがあり、基本的にはスタンダードクロスとハイグレードクロスの2つのタイプがあります。当然ですが、価格はハイグレードクロスが割高となりますが、同じ色を選択しても質感が異なり、スタンダード品と並べてみると素人でもどちらがハイグレードなのか容易に区別できます。
価格だけではなく見た目を重視するなら、間違いなくハイグレードクロスがおすすめです。

2.デザインは見た目を決める大事なポイント
クロスには大きく分けて2つのグレードがあることを紹介しましたが、デザインに関してもスタンダート品はシンプルなものが多いのに対して、ハイグレード品は色だけではなく柄の種類も豊富で、クロスを貼る部屋の雰囲気や印象を大きく変えることができます。
もちろん、スタンダード品を選択しても工夫次第でお洒落に見せることは可能なので、専門業者に相談して予算にも合わせてベストな選択をしてください。

3.クロスの機能性を考えよう
クロスは色や柄だけで選択するのではなく、機能性も考えて選択してください。
見た目は同じでも掃除がしやすくクロスに汚れがつきにくい「汚れ防止タイプ」や、クロスに傷がつきにくい「スーパー耐久タイプ」など、今ではいろいろな機能を持ったクロスが各メーカーから発売されています。

04代表的なクロスの一種「ビニールクロス」のメリット・デメリット

クロス貼替 横浜

クロスにはいろいろな種類の素材がありますが、日本のほとんどの住宅で使用されているのが「ビニールクロス」です。
塩化ビニール樹脂などを主原料としていることから、素材の特性上いろいろな細工処理ができるようになっていて、選択できるカラーもデザインも豊富に用意されています。
ビニールクロスは価格が安いことがメリットで、その割に耐久性が強く、水を通さないため、表面についた汚れを拭き掃除で取り去ることが可能になっています。
一昔前では紙製のクロスが多かったことから、水を使った拭き掃除はできませんでしたが、現在ではビニールクロスには消臭や抗菌や防カビなどの機能も備えた商品もたくさん販売されています。
また、紙製のクロスでは傷がつけば修繕に貼替が必要でしたが、ビニールクロスであれば引っかき傷程度なら自然に元通りになることも大きなメリットです。
一方ビニールクロスのデメリットには、有害物質であるホルムアルデヒドが接着剤に含まれることが挙げられます。ただし、最近ではデンプン糊を使用するなど、素材も含めて健康面への配慮がなされているため、安心して選択できるようになっています。

05神奈川県全域の他に東京でもクロスの貼替に対応

横浜市保土ヶ谷区に拠点を構え、横浜市を中心として川崎市、鎌倉市、藤沢市など神奈川県全域が対応エリアとなっています。また、東京でもクロスの貼替を行っています。
横浜市保土ヶ谷区は、横浜市の中央に位置していて、人気の横浜市の中でも歴史的な雰囲気を残していて、住むにもとても利便性の街として知られています。
区の名前は、東海道五十三次の4番目の宿場町であった「程ヶ谷宿」に由来していて、その歴史的背景が現在の街の中にも随所にわたって残されています。
東京へのアクセスも良く、保土ヶ谷駅と天王町駅の間にはマンションも多く立ち並んでいて、横浜市ということで生活するための環境はしっかり整えられています。
保土ヶ谷駅前には、中規模のスーパーやドラックストアなどが建ち並び、買い物にも不便を感じることはありません。
保土ヶ谷駅から鎌倉駅までは20分ほどで行くことができる距離にあることが魅力で、古都鎌倉の近くに住みたいということで保土ヶ谷区に移住する方も多いみたいです。
わざわざ鎌倉まで行かなくても、保土ヶ谷区にも創建1,000年を超える大山寺や、平安時代中頃に創建されたとされる神明社など、歴史を感じることができる建造物がたくさんあります。

06クロスを貼替するときにはどの程度の費用を考えておくべき?

家の中のクロスを貼替するときにかかる費用が気になる方も多いと思いますが、クロスの貼替費用はどこに依頼するかによっても大きく変わってきます。
たとえ同じ材料を使って工事をしてもらっても、金額にかなりの差が出ることも多いので、できるだけ費用を抑えたいなら、1社だけではなく複数の業者から見積りをとって、工事費用を比較することをおすすめします。
依頼する業者以外にも、クロスの張替費用は、施工する面積、使用する材料によって変わります。

クロスを貼替するときにはどの程度の費用を考えておくべき?

当然ですが、1部屋貼替するよりも、家全体のクロスを新しくする方が価格は高くなり、高品質な材料を選択すると、施工面積が広いほど工事費が高くなります。
クロスの貼替費用を極限に抑えるには、自身で施工を行えば良く、DIYブームの今ではチャレンジする方も増えています。
しかし、1部屋だけならともかく、家全体のクロスを貼替するとなると、それなりの技術が必要になるため、仕上がりを重視するならプロに任せた方が安心でしょう。
プロにクロスの貼替を依頼した場合は、安ければ1部屋数万円で施工してもらえることもあり、それほど大きくない家なら数十万円で全てのクロスを新品にしてもらうことも可能となっています。

07室内をお洒落に魅せるクロス選びの3つのポイント

01部屋のインテリアに合わせる


クロス選びのポイントとして、インテリアに合わせるということが挙げられます。
極端な例で説明すると、純和風の家具を置くことが分かっているのに、ヨーロッパ調のクロスを選ぶと確実にミスマッチが起こります。
また、高級家具などを購入する場合は、クロスはその引き立て役として白などのシンプルなカラーを選択すると良いでしょう。家具などの質感に合わせて選ぶこともポイントです。

02アクセントクロスを利用する


アクセントクロスとは、部分的にクロスを変えてアクセントをつけるテクニックです。壁の一面だけを異なる色にするのもアクセントクロスです。
また、壁の上下で色分けをすることでも部屋に大きなアクセントをつけることができます。アクセントクロスの使用方法にはルールはありませんが、上手に利用すれば安めのクロスを選択しても、家の中をお洒落にすることができます。

03部屋ごとにクロスを買える


トイレや洗面所だけに異なるクロスを選ぶ方は多いようですが、部屋ごとに別々のクロスを選択することでも、お洒落感を演出できます。
この場合は他の場所に余った材料を回せなくなるので予算が高くなる可能性が高いですが、クロスの元値で調整すれば問題ありません。

08クロスの貼替を依頼する業者をどのようにして選べば良いの?

自宅のクロスの貼替を業者に依頼するときの選択肢は、家を建ててもらったハウスメーカーや工務店や建設会社、リフォーム業者、内装専門の工事店、クロスの貼替に対応しているホームセンターなどいろいろな選択肢があります。
この中でどこが良いと言い切ることはできませんが、内装専門の工事店以外に依頼した場合は、ほぼ100%に近い確率で中間マージンが発生するので、そのことは覚えておきましょう。
クロスの貼替は内装工事業者の仕事で、稀に技術を会得した工務店の職人さんなどが対応することもありますが、ほとんどは自分たちの協力業者である内装工事業者に委託することになります。
そのため、できだけ工事費用を押さえたかったら、内装専門の工事店に依頼することをおすすめします。
ただし、直接工事をする業者だからといって必ず安い金額で工事をしてくれるとは限りません。その理由は、利益の取り方は業者によって異なるからです。
そのため、相見積りを取ることが重要となります。また、工事費用以外にも、自分の思い通りに仕上がらなければ意味がないので、相見積りを取るときには仕上がりがどうなるかを必ず確認してください。
使用する材料の品質や単価を確認することも大事なポイントとなります。

09クロスの選び方に関する相談事例を紹介

  • クロスの選び方に関する相談事例を紹介

    クロスを貼替する際には、多くのお客様より使用するクロスの選び方に関する相談を良く頂戴します。
    部屋の中で最も面積が広くなる壁紙は、インテリアのイメージも左右するとても大事なアイテムで、どのような色や素材を選ぶかで部屋の見え方が大きく変わることになります。
    したがって、クロスを選択する際には、どのような部屋にしたいかを最初にイメージすることからはじめてみましょう。
壁紙には何百何千もの種類があり、分厚いカタログの中からどれを選択して良いか困惑してしまう方もたくさんいるようですが、最初に色や模様を決めれば、選択肢を一気に狭めることができます。
壁紙の色を選ぶときには、部屋に置く家具やインテリアや建具や床などの色合いや雰囲気に合わせることがポイントです。一般的には、あまり多くの色を1つの部屋に使用しない方が良いと言われていて、そうすることでお部屋に統一感が生まれます。
壁紙は、カタログで見るよりも実際の仕上がりが明るく淡く見えたりすることも多いため、使用する候補が決まったら大きなサンプルで確かめましょう。
1部屋に使用する壁紙は1色にする必要はなく、一部分を他の色に変えてアクセントをつけるのも良い方法です。

10お客様から多く寄せられる3つの質問

質問
壁紙を貼替したらどのくらい持ちますか?
回答
一般的に壁紙は、一度貼替したら5〜10年間は持つと言われています。
ただし、お部屋の環境や使用状況によって、次の貼替までの期間は異なってきます。
たとえば、湿気が多いお部屋や、タバコをたくさん吸う場合は、壁紙が剥がれやすくなったり、黄ばみが出やすくなったりするため、状態が気になって貼替の時期を早めてしまうこともあります。
湿気があると、壁紙のつなぎ目が広がりやすくなるので注意が必要です。
質問
施工費が安い業者を選ぶとやはり品質は落ちますか?
回答
品質は、どのクロスを選ぶかによって変わりますので、品質にこだわりたい場合は、上質の商品を選べば問題ありません。そうすることで施工費が安い業者でも工事がアップすることになります。
クロスにはどこに業者に依頼しても、通常は1000を超える種類があって、選ぶクロスによって単価も変わってきます。
業者が表示している最低価格は、安いクロスに合わせているので、高価な商品を選択すれば、必然的に工事費もアップします。
質問
工事をはじめるまえに見本を見ることはできますか?
回答
使用するクロスは事前にサンプル本を見て選べるようになっていて、実際に使用するクロスの生地感なども確認することができます。
在庫がある商品なら事前に実物を確認することができますし、サンプルとして取り寄せることも可能ですので、事前にご相談ください。

11業者選びの大事なポイント

POINT 自宅のクロスを貼替してもらうときに、信頼できる業者かどうかを見極める方法として、工事業者のこれまでの実績の多さを確認するというやり方があります。
完璧な工事をしてもらうためには、職人の腕がとても大事なポイントになりますが、施工事例が多ければそれだけ経験値があることの証明になるので、大きな安心材料となります。
肝心の金額については、あらかじめ相場を確認した方が良く、高過ぎる場合も注意が必要ですが、金額が安過ぎても安心はできません。なぜなら最初は他よりもかなり低い見積書をわざと提出してくるような悪徳業者もいるからです。
そのような業者は、どこにも提示できない利用者が確実に満足するような金額を出してきて、契約を交わしてもらい工事が完了した後に追加などの項目で高額な請求書をつきつけてくるのです。
その手口に引っかかっている人たちはたくさんいるので、少しでも不安があるなら事前に絶対に追加料金が掛からないことを確認して、見積金額以上は支払わないことを確約してもらってください。
業者選びの一番のポイントは、金額よりも信用で、心から信頼できないような業者には依頼しないようにしましょう。

12クロスの貼替でアクセントになる「トリム」とは

クロス工事を行うときに使用される「トリム」とは、帯状の壁紙のことです。
トリムと聞いてもピンとこない人の方が多いと思いますが、それほど珍しいものではなく、お金持ちの家ではよく見られるもので、一般家庭でも壁紙のアクセントとしてトイレなどでは使用頻度が多くなっています。
トリムを使用するときの基本は、その下にもってくるクロスを濃い色にすることです。壁面は薄い色を上に置くことでお洒落に仕上げることができます。
トリムを入れる位置は、窓の高さに合わせたり、壁の上部にさし込んだりすることで、部屋の印象を良い意味で変えることができます。
トリムは横に入れるパターンが多いですが、縦に使うことでも強いインパクトを与えることができます。縦にトリムを入れる場合は、壁の縁取りに入れることによりエレガントな仕上がりにすることができます。
真っ白のクロスにトリムでラインを入れれば、スタイリッシュに見せることができます。
トリムには模様入りのものも多く、色合いは部屋に置く家具などに合わせてもお洒落に仕上げることができます。
壁紙ではなく、階段の蹴上部分などにもトリムが使用されることもあり、洗面所のガラスの縁取りにも利用されています。

FAQ一覧

お役立ち情報

クロス貼替をするのに最適な時期は クロスの貼替の最適な時期を知りたい方の質問に対しての答えを記載しています。一般的には5〜10年が張替の目安と言われていますが、それにこだわらないで、適切に対応する必要性についても解説しています。
クロスの貼替を素人が行うと失敗しやすい理由とは 自宅のクロスの貼替をDIYでしようとしている方に、高い確率で失敗する理由について記載しています。
クロスの貼替にはいろいろな知識の他にも技術が必要になることなどを詳しく解説しています。
クロスの貼替の上手い下手はどこで決まるの? クロスの貼替をする職人の腕の善し悪しが決まるポイントについて解説しています。
貼替したときは良くても、後々腕が悪かったと気づくことがあることも紹介。できるだけ良い状態でクロスを長く保ちたい方にはためになる内容となっています。
クロスの貼替を安く抑える秘訣とは 家のクロスの貼替にどのくらいの費用が掛かるか紹介しています。
できるだけ費用を抑えるための方法も記載しているので、クロスの汚れが気になっているという方には参考になると思います。ぜひチェックしてみてください。
クロスの色や柄選びで注意すべきこととは 家の中の雰囲気はどんなクロスを選ぶかによって大きく変わります。ここでは、これから家を建てる方や購入する方のために、後悔しないためのクロス選びのポイントを紹介しています。
適当に選ばないで、部屋全体のイメージを考えて選択しましょう。
クロス貼替をする前に知っておくべきこととは 初めて家中のクロスを貼替してもらう前に、知っておくべきことについて紹介した内容になっています。
何の情報もないまま適当に業者を選んで依頼してしまうと、失敗する可能性が高まることも書かれているので、ぜひご覧になってみてください。
家のクロスを貼替しなければいけない理由とメリットとは 家のクロスを貼替しなければいけない理由が良く分からないという方も少なくないようです。
見た目がキレイでも長く貼替していないと内部がとんでもないことになっているかもしれません。クロスを貼替して得られるメリットも紹介しています。
クロスは破れてから貼替すれば問題ない? クロスを貼替するメリットや、耐用年数などが分かる内容となっています。
クロスの貼替時期が分からなくてもお困りの方もたくさんおられると思います。気になる方はぜひチェックしてみてくだい。きっと参考になると思います。
クロスに貼替するメリットとデメリットとは? 家の壁を塗装するかクロスにするかで迷っている方も少なくないと思います。
ここでは、クロスに貼替するときのメリットとデメリットを紹介しているので、きっと参考になると思います。気になる方はぜひチェックしてみてください。
寝室のクロスの貼替に適しているのはどんな色 安眠効果が期待できる寝室のクロス選びの方法やポイントを解説しています。クロスの色以外にも気をつけるべきことがあるので、それも併せて紹介しています。
近々寝室のクロスを貼替する予定のある方は、ぜひ参考にしてください。
貼替するクロスの素材や機能面の違いとは これから家のクロスの貼替を行う方のために、クロスの素材や機能について詳しく解説しています。
以前はなかった嬉しい機能が備わった商品が続々と発売されているので、慎重にクロス選びをした方がよいことが分かります。
賃貸物件のクロスの貼替費用は自己負担になる? 賃貸物件のクロスが剥がれるなどの不具合が起きるのはよくあることです。そんなときに、修理費の負担は誰がするかを解説した内容となっています。
賃貸物件のクロスの全面張替をする場合に必要なことも紹介しています。
クロスはまだキレイでも貼替しないといけないの? 家のクロスには寿命があり、一般的には10年が貼替のタイミングとされています。
ここでは、どのような状態になるとクロスを貼替すべきかを詳しく解説しています。興味のある方はぜひご覧になってください。
クロスの貼替で失敗する原因にはどんなことがある? 最近ではDIYを趣味にしている方が多く、自身で家のクロスの貼替にチェレンジしたいと考える方も増えています。
ここでは、クロスの貼替でよくある失敗やその対処法を紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。
クロスを貼替して出たゴミはどのように処理すればよいの? 最近ではDIYにより自身で家のクロスの貼替をする方も増えています。
ここでは、その際に出る古いクロスをゴミとしてどのように処分すべきかが書かかれています。気になる方はぜひチェックしてみてください。
クロスに小さな穴が開いたときにかかる貼替費用はどのくらい? クロスに小さな穴が開いたときにかかる貼替費用がどの程度かかるかについて解説しています。
DIYでの修理法も紹介しているので、自宅の壁に開いた穴を何とかしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。
子供部屋のクロスの正しい選び方とは どのようなクロスを選択するかで部屋の印象は大きく変わります。
ここでは、家を新築するときの子供部屋のクロスの選び方を詳しく探って紹介しています。クロス選びにお困りの方はぜひ参考にしてください。
クロスをDIYで貼替するリスクにはどんなことがある? 自宅のクロスを業者に依頼しないでDIYで貼替しようと考えている方も少なくないと思います。
ここでは、クロスをDIYで貼替する場合に起こりうるリスクについて詳しく解説しているので、参考にしてください。
クロスの貼替の失敗を防ぐ方法とは 家のクロスが汚くなって専門業者に依頼して工事をした後に、よくある失敗例を紹介した内容となっています。
後悔しないためにはどうすればよいかも記載しているので、クロスの貼替を予定している方はぜひご覧ください。
クロスの貼替費用を安くする方法とは クロスの貼替を専門業者に依頼する場合で、工事費用を安くするにはどうすればよいかが書かれています。
クロスの貼替工事を依頼する業者を決める際に注意すべきポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
クロス貼替で価格以外に注目すべきポイントとは 家のクロスの貼替を考えている方のために、価格以外で注目すべきポイントをまとめて紹介しています。
クロスを貼替する際に注意すべきことも記載しているので、貼替に失敗したくない方はぜひご覧ください。

PageTop

無料見積り依頼フォーム