横浜の壁紙張替えならお任せ下さい。

横浜クロス張替え王

横浜の壁紙張替え【ポイントとFAQ】

横浜で壁紙張替えに対応している業者です。壁紙に何らかの異常があったときには、迅速に張替えに対応することができます。たとえば、壁紙の汚れや電気焼け、日焼けが気になるときには、新しいものに取り替えることが可能です。防水性能や消臭性能など機能性の豊かな壁紙にすることもできます。気分転換をしたいという人の要望にもしっかりと応えることが可能です。さまざまなメーカーの壁紙を揃えていて、幅広いバリエーションのなかから希望に合ったものを選んでいただけます。

壁紙張替え 横浜

どのような壁紙を望んでいるのか希望を伝えてもらえば、それに適したものを提案することが可能です。工事を希望する場合は、問い合わせをいただければ、すぐにご自宅まで見積りに伺います。その場でスタッフが丁寧に工事についての説明をします。当日には古くなった壁紙を剥がして、下地を補修してから、速やかに新しい壁紙を張り替える作業に取り掛かります。工事が完了したあとのアフターフォローにも対応しているため、なにか気になることがあれば、いつでも頼ってください。これまでに多くの壁紙張替えに対応してきた実績があります。壁紙のことでお悩みならば、いつでも株式会社アトリエネオ(横浜クロス張替え王)に連絡ください。

01壁紙張替えとは?

壁紙張替えとは?
長年住んでいる自宅では、壁紙が剥がれたり、汚れたり、変色したりするものですよね。
そんな時、考えたいのが壁紙張替えです。
外壁塗装と一緒で、壁紙にも適切な張替のタイミングがあることをご存知でしょうか?
今回は、壁紙を張り替えるタイミングについてご紹介します。
具体的には、3つのタイミングがあります。
1劣化が始まったら
当然、壁紙が剥がれてしまったり、破れてしまったりしたタイミングでは、ぜひ交換して欲しいと思います。
しかし、それ以外にも壁に画鋲で穴を開けたり、タバコなどの汚れが目立ってきたタイミングでは張り替えたいところです。
2メンテナンス
古い自宅だと、壁紙の防かびや結露を抑制する機能が失われていることも。
ぜひメンテナンスしてください。
3気分転換
意外と多いのが、模様替えのついでに壁紙も変えて気分を一新すると言うもの。
リフォームまではできないけど、部屋の雰囲気を変えたい人におすすめです。
実は壁紙にも、張替の適切なタイミングがあることをご存知でしょうか?
一般的には短くて5年、長くても10年以内に壁紙を変えることが推奨されています。
横浜などで壁紙張り替えの業者を選ぶ際は、業者が多くて迷ってしまうと思います。
一番のポイントは、取扱メーカーの種類が豊富かどうか。
ぜひ、業者に問い合わせてみましょう。

02壁紙張替えが初めての方へ

壁紙の張替えを考えている人の中には、「自分でやってみよう!」と思われる方も多いようです。
最初から糊付きの壁紙も販売されているので、初めてでも簡単に張れる・・・ように感じるかもしれませんが要注意です。
結論からお伝えすると、壁紙張替えはプロに任せた方が良いでしょう。
理由は大きく3つ、挙げられます。
1つ目は、壁紙を剥がすのが大変なことです。
壁紙の張替えで一番大変なのは、壁紙を剥がすこと。
これで作業の8割が決まります。
色々と剥がすポイントはありますが、これは職人でも難しいこと。当然、剥がし残りがあれば、その後に張る壁紙もでこぼこしてしまうので、平にするために色々な工夫も必要となるのです。

壁紙張替えが初めての方へ

2つ目は、壁紙を張るときの糊の量です。
糊の量は、プロでもたまに失敗することがあるくらい、壁紙の材質、下地の状況、壁紙の種類、気候や時間などをトータルで判断して調整する、感覚の世界。
つまり、職人の技術に寄るところがあります。
また、最初から糊がつけられている壁紙でも、粘着力が弱い場合には糊での補強が必要となります。
3つ目は、カッターなどの工具は使い慣れていないとうまく使いこなせないというものです。
職人と違い、自分の自宅をDIYで壁紙の張替えをするのは、言っても数年に一回の話。
ここで、どちらの方が上手に張れるかは、一目瞭然ですよね。
ちなみに、業者にもよりますが、DIYで工具や壁紙一式揃える費用と、職人に依頼する費用では、たいして変わらない場合も多いそうです。
時間や労力、そして完成した時の美しさなどを考えて、トータルで判断すると良いですね。

03壁紙張替えの3つのポイントをご紹介!

マイホームを建てるときにこだわりたいポイントの1つでもある壁紙。
自宅のあらゆるところに張られている、必要不可欠な内装です。
壁紙が汚れてきた、気分を変えてみたいなど、あらゆる理由でリフォームの対象となる壁紙の張替え。
今回は、壁紙張替えの際に気をつけたい3つのポイントをお伝えします。

1.壁紙の素材や機能を知ろう
壁紙を一言で言っても、色々な種類があります。
もちろん、見た目の部分、デザインや色合いがもっとも注目される部分ですが、実は壁紙の素材、さらには機能性などもしっかりと知った上で壁紙は選びましょう。

2.部屋と壁紙の相性を確かめよう
素材や機能を知ったら、部屋との相性を把握することもとても大切です。
例えば、リビングに適している壁紙をバスルームでは適さない壁紙があるように、用途によって適材適所を選んでください。
また、デザイン性についても、色合いによっては寝室には合わないなど、脳科学や心理学的な要素で考えられる方も多くいらっしゃいます。

3.見積もりをしっかり取ろう
自分でやるのか?業者に依頼するのか?それによっても金額は変わってきます。
しっかりと事前に見積もりを複数社から取るようにしましょう

04横浜で発注できる壁紙張替えの種類

壁紙張替え 横浜

室内で使える壁紙にもいろいろな種類があります。
代表的なものには、ビニールクロス・紙クロス・布クロス・コルクなどを薄く削った木質系壁紙・珪藻土壁紙に代表される無機質系壁紙・環境に優しいオレフィン壁紙の6つの種類があります。それぞれにメリット・デメリットはあるのですが、広く普及しているのは、ビニールクロスと紙クロスです。
壁紙リフォームの際には、どういった模様や意匠を取り入れたいのかに加えて、その素材についても注目してみましょう。
近年人気なのは、珪藻土壁紙です。実際に塗るよりも格段に手軽に珪藻土を利用した壁を手に入れることができます。壁紙と入っても、素材は珪藻土なので、室内の湿度調整・難燃化などの機能は、程度の差こそあれ、問題なく発揮してくれます。最後に紹介したオレフィン壁紙は、ビニールクロスの使い勝手を維持した上で、燃やした際に有害物質が発生しないというメリットのある壁紙です。ビニールクロスと同様に汚れに強く手入れがしやすいのも魅力です。
使いたい壁紙にこだわりがある際は、サンプルを豊富に持っていて施工経験も十分な業者を選ぶことが賢い方法だと言えます。

05全国各地で壁紙張替えのためクロス施工専門業者が活躍

壁紙の張替えに対応エリアの制限はありません。全国各地で壁紙張替えのためクロス施工専門業者が活躍しています。
とは言え、東京の方が北海道の業者に頼ることは少ないように、地元で評判の業者に相談することが第一歩となるでしょう。まずはインターネット上でお住まいのエリアにある業者を検索してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら発注業者を選定していきます。
優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。この際、価格を重視される方が多いですが、作業や作品というものは金額だけで評価できるものではありません。見積もりの中の内訳やアフターサービスの質でも業者間の差を計ることができます。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06横浜で壁紙張替えをする際の費用の目安

壁紙張替えの際、やはり気になるのは費用の目安でしょう。一言に壁紙と言っても、実は様々な種類があります。比較検討の際は、専門業者を選ぶ前に、まずはどういった壁紙が貴社のオフィスやご自宅の雰囲気にマッチするか1度考えてみることをおすすめします。採用する壁紙の種類によって、材料費・施工費は異なります。
では専門業者を選ぶ際の基準にはどんな物があるのでしょうか。壁紙であれば、対応可能な「壁紙の種類の数」「施工の丁寧さ」「情報の発信力」はぜひチェックしたいところです。

横浜で壁紙張替えをする際の費用の目安

こうしたポイントは専門業者のホームページで確認できます。マメな業者であれば更新頻度は高いですし、取り扱いメーカーの詳細も解説しています。施工例など写真が多ければ、信頼感も大きくなりますね。
上記の事項を踏まえた上で、費用の検討に入りましょう。最初から費用ありきで専門業者を探してしまうと、仕上げが悪く、頻繁に張替えせねばならず結果的にコストが高つくなど本末転倒な結果になりかねません。
発注する際には、複数の専門業者を選んだ上でそれぞれに見積り依頼を出しましょう。そうすることでより具体的に費用の比較ができますし、仕上がりのイメージもしやすくなります。

07横浜市で壁紙張替えする際の3つのポイント

01希望に合う素材を見極めましょう。


一口に壁紙と言ってもその種類は多様です。現在普及している壁紙でもっとも一般的なものはビニールクロスです。種類が豊富で、他の種類に比べて安価に仕上げることができるでしょう。最近注目されているものの一つに珪藻土クロスがあります。珪藻土マットほどではありませんが、調湿効果と消臭効果があります。海外でメジャーな紙クロスも取り扱いが増えてきました。デザイン重視の場合は候補に入れてみましょう。

02張り替えるタイミングを決めましょう。


時期の決定も重要です。年度が変わるタイミングなど、業者にとってのかきいれ時というのは1年を通して複数回あります。コストを下げることを考えるのであれば、そういったタイミングで通常よりも割引されている価格を提示している業者を選んでみてはいかがでしょうか。

03最適な業者を見つけましょう。


さて、最後は業者の選定です。インターネット全盛の時代ですから、まずはお近くの業者を検索してみましょう。施工例の写真を豊富に公開していたり、施工料金を具体的に解説しているところは誠実な業者と言えるでしょう。大事なのは最初から1つに絞らずに複数の業者に見積もりを依頼し、比較してみることです。

08壁紙張替えサービスの業者を選ぶ際のポイント

壁紙(クロス)の汚れが目立ち始めたときや部屋のイメージを変えたいときには壁紙の張替えサービスの利用が便利です。でも、滅多に利用しない壁紙の張替えサービスではどの業者を選ぶか悩んでしまいますよね。初めて壁紙張替えサービスを利用する方が業者を選ぶ際に見ると良いポイントをまとめてみました。

1.クロスの種類
クソルの種類は質感、厚さ、柄・色などや量産品か上質な品かなどにより様々です。初めてサービスを利用する場合はクロスの種類が豊富な業者を選ぶと好みのクロスが見つかりやすいでしょう。

2.サービスの内容
サービスを利用する場合、一般的には、見積り・工事内容の説明、張替え工事、工事完了の確認という流れになります。初めての方はきめ細やかなサービスが特徴の地域密着型の業者を選ぶのも賢い方法と言えます。

3.価格
価格を左右する主な項目には、@材料費、A工事費、B諸経費があります。@の材料費は主にクロスの費用ですが、量産品のクロスなどを選ぶとコストを抑えることができます。Aの工事費は、職人のスキルのほかに、施工業者が依頼をした業者か他の業者かによっても中間マージンの有無に影響します。Bのその他経費は人件費や広告費などが含まれます。なるべく安く壁紙を張り替えたい方はぜひこれらの項目にも注目してみてください。

09横浜で壁紙を張替える際の相談事例

横浜で壁紙を張替える際の相談事例

壁紙張替えの相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に「どういった壁紙を選べばいいのかわからない」というものがあります。壁紙には多くの種類があり、その中から納得の1枚を選ぶことは至難の業です。しかし、張る場所と環境・使いたい配色が決まれば、ある程度絞られてきます。
例えば、湿度が高くカビの生えやすいところに壁紙を用いたい場合には、「通気性壁紙」や「吸放湿壁紙」などの機能を持った壁紙を採用することで、カビの発生を抑制したり、湿度のコントロールを行うことができます。
こうした製品は大量にラインナップされているわけではないので、あとは色を選べば、採用すべき壁紙が決まります。
また壁紙とは言え、素材は紙だけではなく、ビニールを使ったもの、珪藻土を使ったもの、実際の木材を使ったものなども市販されています。色や模様だけでなく、素材から感じる風合いで壁紙を選択するのも1つの方法です。
また、メーカーにより壁紙自体の価格も大きく変わるので、予算を基準に壁紙を選択していくこともできます。
このようにまずは張る場所と環境・使いたい配色から選び、そこに種々の希望を追加していって壁紙を選んでみてはいかがでしょうか。

10横浜市で壁紙張替えを検討する際によくある3つの質問

壁紙張替えの際によく出る、3つの質問にご回答しましょう。
質問 壁紙にはどういった種類がありますか?
回答 現在、市場に出回っている壁紙にはたくさんの種類があります。代表的な6つの壁紙をご紹介しましょう。ビニールクロス・紙クロス・布クロス・木質系壁紙・珪藻土などの無機質系壁紙・樹脂製のオレフィン壁紙が販売されています。それぞれメリットデメリットがあるので専門業者と相談しつつ張る壁紙を選択してみましょう。
質問 どこの壁紙の張替えに対応していますか?
回答 壁紙の張替えは基本的に屋内向けがメインです。しかし耐久性のある壁紙なら屋外にも使用できます。写真をモチーフにしたような画像を屋外に配置したい場合には、壁紙の仕様がおすすめです。ぜひ専門業者にご相談ください。
質問 一人で張ることはできますか?
回答 壁紙自体はホームセンターなどで売っていますので、ご自身で挑戦することも可能です。ただし、プロに任せれば、多くの品目の中から最適な商品を提示してくれますし、仕上がりもグンときれいなものにしてくれます。貼り直しの手間などを考えれば、まずは専門業者に相談してみることをおすすめします。

11壁横浜市で壁紙張替え業者選びをする際の注意

POINT 壁紙張替え業者を選ぶ際のポイントは、ズバリ品揃えと経験です。
横浜市内には複数の壁紙張替え業者やクロス専門業者が存在するので、ホームページを参考にして次の3つの項目をチェックしてみましょう。
・どういったメーカーの壁紙を扱っているか
・多様な種類の壁紙に対応しているか
・海外製の壁紙には対応しているか、です。
国内ではビニール製の壁紙が主に生産されていますが、紙製の壁紙に関してはヨーロッパでの生産が盛んです。ビニール製は、印刷技術の向上により、どのような質感も視覚効果として表現可能ですが、壁紙自体の暖かさやお部屋の中で優しさや居心地の良さを表現したい方には紙製の壁紙がおすすめです。そして、壁紙の種類によっては専門技術を習得していないと施工できないものもあります。経験豊富な業者であれば、こうした技能も取得済みですから施工の幅も広がります。
業者選びの際には、こうした壁紙の品揃えと経験を軸に確認しましょう。その上で、実際の施工例を確認し、仕上がりの良さやアフターサービスなどをチェックして、依頼する業者を選ぶことをおすすめします。

12横浜市で 壁紙張り替えを依頼する時に使える業界用語

クロス

壁紙の張替えとよく言われますが、本来の名称は「クロス」です。クロスには様々な種類が
あり、ビニール製のものや紙を使ったもの、珪藻土などを使ったものなどがあります。形作りたいお部屋の雰囲気に合わせて、最適なものを選びましょう。日本の市場で主流なのはビニールクロスです。生産が容易で、現場で適宜加工できるので多くの場所、シーンで利用されています。近年ではクロスのみで金属や流水のような視覚効果を出しているものもあり、壁の部材に関わらず、自然の雰囲気あふれる空間や、近未来空間を出現させる事もできるのです。一方で紙のクロスは国内生産は減少しており、多くは海外製のものとなります。部屋づくりに優しい雰囲気を導入したい方にはぴったりでしょう。紙の風合いや塗料の設定で、こちらも幅広い空間構成に対応しています。またいくつかの種類の紙製クロスではお部屋の湿度調整を行ってくれるものもあります。機能性クロスは珪藻土や漆喰が混ぜこまれたものです。これも室内の空気環境の調整などに威力を発揮します。

FAQ一覧

お役立ち情報

壁紙の張替えをすることで得られるメリットは何? 壁紙を張替えすることによって得られるメリットが良く分かる内容となっています。
見た目を良くする以外にも、衛生的にも良いことが分かりやすく紹介されているので、壁紙の張替えを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

PageTop

無料見積り依頼フォーム